More from: 波奈束風景


そらのいろ、みずのいろ 下巻「わたしも……してあげる」

そらのいろ、みずのいろ 下巻「わたしも……してあげる」

そらのいろ、みずのいろ 下巻 「わたしも……してあげる」 Re:Price

【ストーリー】

夏休み真っ盛りのプールの一角。人目がないのを良い事にシャワーで戯れる女子テニス部員たち。
その賑やかな声に混じって聞こえる、男女の熱い息遣い。
甲乙つけ難い2人の美少女から恋人宣言を一方的に告げられた最所弌は今日もその一人、空山菜摘芽との情事に耽っていた。
最初の夜こそ押され気味だったものの、関係ができてしまうとあとはもう弌が一方的にリードするばかり。
人目につきそうな場所での秘め事も、菜摘芽にしてみれば「おしおき」されているようなものだった。
弌をめぐる恋のライバル水島朝とのささいな諍い。
一人の男を共有する「ヒミツの夏」。
お互いに好きなのに決して抜け駆けしない約束。
でもお互いに弌を独占したいと焦がれる微妙な関係。
フツーで考えたら絶対あり得ない、一人の男をお互い合意の上で求めあう、女どうしの甘く濃厚で、淫らな恋のバトルはやがて終わりを迎えようとしていた。
夏の終わり……別れの時へ、嬌声は今日も絶える事なく……そして……

【出演声優】

波奈束風景大花どん

続きを見る..

そらのいろ、みずのいろ 上巻「ダメ……聞こえちゃう」

そらのいろ、みずのいろ 上巻「ダメ……聞こえちゃう」

そらのいろ、みずのいろ 上巻 「ダメ……聞こえちゃう」 Re:Price

【ストーリー】

夏休み真っ盛りの、とある学校の一室。テニスウェアを脱ぎ捨て、ほんのりと上気した肌を濡らす汗を拭う女生徒たちの華やかな声に隠れて聞こえる、男女の熱い息づかい。
少女の清らかさを象徴する真っ白な学生服からこぼれ出た乳房が大きく波打つ。日焼け痕のくっきり残る背中の上で揺れる長い黒髪。成熟した艶めかしい尻を汗だくにして、あさましくくねらせる。
学校中の男子生徒の熱い視線を集めるクールな美少女転校生、水島朝がこぼれそうになる嬌声を唇を噛んで堪えながら貫かれ、責めあげられていた。
「ダメ……聞こえちゃう。」
だが朝を責める男子生徒は構わず腰を打ちつけ続ける。一見少女と見紛う端正な顔立ちを意地悪く歪ませ、最初弌は朝の極上の肢体を貪っていく。
朝は思い返していた。出会った頃はウザったいだけの男だった。軽薄で、馴れ馴れしくて……でも今その男のカラダを自分の一番奥深くで感じている。
その夏、朝は最初弌という一人の男をめぐって同じ転校生の空山菜摘芽と不思議な時間を共有していた。お互いに好きなのに決して抜け駆けしない約束。フツーで考えたら絶対あり得ない――一人の男をお互い合意の上で求めあう、淫らで濃厚な肉欲のひと時の共有。
そうそれは……誰にも言えないヒミツの夏。

【出演声優】

芹園みや波奈束風景みる大花どん

続きを見る..

とらいあんぐるBLUE 下巻「貴方だけ……」

とらいあんぐるBLUE 下巻「貴方だけ……」

とらいあんぐるBLUE 下巻「貴方だけ……」

【ストーリー】

あかねと京介の関係を知ってしまった麻人。しかし、それを問いただせないままだった。
一方、あかねは麻人に悪いと思いつつ流されるままに関係を続けていた。そんな中、京介はあかねに「麻人とはもう別れろ」と迫る。
突然のことに動揺するあかねに更に「ヤツには女がいる」と告げる。心の底では忘れてなかった麻人への想いが溢れ出すあかね。だが、あかねは、朝方に亜弓の部屋から出てくる麻人の姿を見てしまう…。

【出演声優】

波奈束風景

続きを見る..

とらいあんぐるBLUE 上巻「これ以上は……ダメ」

とらいあんぐるBLUE 上巻「これ以上は……ダメ」

とらいあんぐるBLUE 上巻「これ以上は……ダメ」

【ストーリー】

ようやく二人で暮らし始めることになった「あかね」と「麻人」。これから夢を掴むためにと二人での生活がスタートした矢先、あかねの幼なじみである「神坂京介」が割り込んでくる。借金の取立てで追いかけられる京介。仕事の忙しい麻人は会社に泊りがちの日々。すれ違いの生活にあかねは寂しさを募らせる。
そんなあかねをホスト上がりの京介が堕とすのは難しい事ではなかった・・・。幼なじみの気安さから触れていく京介。躊躇しつつも強引に拒みきれないあかね。麻人とのエッチの練習と称したあかねとの戯れ・・・乳房を揉まれ、パイズリをせがまれ、フェラチオを強要され…次第に過激になっていく京介との行為の先にあるものとは・・・

【出演声優】

波奈束風景

続きを見る..