エロアニメ発売予定記事

8月11日発売

8月18日発売

8月25日発売

9月8日発売

9月29日発売

10月6日発売

11月3日発売

姉、ちゃんとしようよっ!第4話 愛と罵倒の日々の巻

姉、ちゃんとしようよっ!第4話 愛と罵倒の日々の巻

姉、ちゃんとしようよっ!第4話 愛と罵倒の日々の巻

【ストーリー】

6人のお姉ちゃんとの生活にだいぶ落ち着き、楽しい日々が続いている…かと思ったら、やっぱり柊家はドタバタ大騒ぎ!!
いつもは気が強く、高慢で高飛車で攻撃的かつ負けず嫌い!!
口癖の「このイカ!」が代名詞の姉貴(高嶺)は、姉妹からの罵倒に耐え本作では気合い入ってます!!
柊6姉妹の父親の親友という事で、時々家に遊びにきている海洋冒険家の壬生誠。高嶺といえども好きな人の前では変わるもの。
壬生に尽くして尽くして、いい感じと思いきや、それに納得いかない空也が男として立ち上がる!!何がどうなってそうなるの!?

【出演声優】

木葉楓北都南AYAマルコ芹園みやみる

【登場キャラ】

柊雛乃
柊 雛乃
CV:木葉楓=松田理沙(力丸乃りこ?)
通称「姉さん」。柊家の長女。3月3日生まれ。
口癖は「で、あるな」「飴をやろう!」。瀬芦里からの愛称は「ひなのん」。
子供のような外見だが、柊姉妹のまとめ役で、やんちゃな妹弟たちを寛容に見守る「みんなのお姉さん」。
柊要芽
柊 要芽
CV:北都南(ひと美?)
通称「お姉様」。柊家の次女にして空也の初恋の相手。12月24日生まれの20代半ば。
「柊法律事務所」所長で世間では「氷の弁護士」という異名を轟かせている。口癖は「黙れよ」「ふふ…」。瀬芦里からの愛称は「要芽姉」。
柊瀬芦里
柊 瀬芦里
CV:AYA(茂呂田かおる?)
通称「ねぇねぇ」。柊家の三女。1月1日生まれ。
天真爛漫で自由奔放な柊家一のトラブルメーカー。口癖は「にゃっ!」「ふぎゃー!」など。
金髪のポニーテール。雛乃を「ひなのん」、巴を「もえ」など、柊の姉妹達を親しい友達のような独特の愛称で呼ぶ。
柊巴
柊 巴
CV:マルコ=神月あおい(亜城めぐ?)
通称「ともねえ」。柊家の四女。6月6日生まれ。
大学生・考古学専攻。口癖は「あぅ…」。
名前が巴なのは生まれた当時は三女だったため。身長は180cmと柊家で最も高い。見た目はヤンキーのように見えるが、照れ屋の優しい人物である。
柊高嶺
柊 高嶺
CV:芹園みや(西沢広香?)
通称「姉貴」。柊家の五女。2月14日生まれ。
ツインテールが特徴で、海にいつもバカにされている。怒りっぽいツンデレ。口癖は「この、イカ!」「ぬぅぅぅ」など。瀬芦里からの愛称は「タカ」。
要芽と同じお嬢様学校の出で、大学では心理学を専攻している。身内以外の前に立つと「外交モード」になり、礼儀正しくおとなしい性格に変わる
柊海
柊 海
CV:みる(壱智村小真?)
通称「お姉ちゃん」。柊家の末娘。空也と同じ日(5月5日)に生まれたが、自分の方が数時間早く生まれたという理由で空也を弟扱いしている。
口癖は「しぼむ???」「お姉ちゃんに任せて!」。瀬芦里からの愛称は「うみゃ」。
三つ編みにメガネが特徴。いわゆるダダ甘お姉ちゃんで、柊家の中で最も空也を溺愛している。

【スタッフ】

原作:姉、ちゃんとしようよっ!(CandySoft)
企画:Show隈部、キャプテン秋山/ 脚本:伊刈真刀/ 監督:金澤勝眞/ キャラクターデザイン・総作画監督:飯島弘也/ 演出:近藤隆史/ 音響監督:中川逹人/ 作品監督:飯野弘也
制作:studio9MAiammi
製作:White Bear(メディアバンク)



コメントを残す